Newsお知らせ

『自分の板1枚分の幅でスピードをコントロールして直線的に滑る技術』

こんにちは! 今日は前回匂わせたこのお題について、お話ししようと思います。

 

『自分の板1枚分の幅でスピードをコントロールして直線的に滑る技術』

簡単に言えば、ずらしを使って真っすぐに滑り降りるということになりますね。 スキーで言えば、横滑りで直線的に落下する。片脚だけでは疲れるので、左右の脚を入れ替えながらするとよいでしょう。 しっかりとずらしを使い真っすぐに落下する。これです☆

スノーボードもいっしょですね。スライドターンで目線を変えず直線的に落下する。難しければ正面を向いたままズリズリとゆっくり真っすぐに降りる。

 

すなわち、ラインを変えない。 コース幅を最小限に使い滑るということです。 ゲレンデにたくさん人がいたり、コース幅が狭い場所では非常に有効な滑り方となります。

 

昨今、スノーボード、スキー用具、カービング技術の進化に伴って、見たことがないほどに切れ上がったターンをよく見かけます。遠心力が

大きく感じられるこれらのターンが非常に気持ちがいい事は、ターンを特に愛好する者のみならず、多くの滑走者を魅了してやまない事実は、僕自身も感じています。

 

でも皆さん、自分に酔っていませんか? 横移動が大きいということは、衝突のリスクがとても大きくなります。斜面を上に切れ上がるように横移動しているということは、もはや他の滑走者にとっては自分が後ろを滑っているという意識はありません。そう、横から突っ込んでくるという感覚になります。もう横移動の大きいターンを描いている滑走者が、自分の方が前を滑っていたなんて言えるレベルでは無いことが多々見かけられます。

 

 

僕たちも最大限の準備、対策はしますが、最後に幸せなゲレンデに仕上げるのは、他を思いやる皆様の愛です。

 

愛だよね。

 

やっぱり

 

愛なんだと思います。

 

 

隊員1号☺ 結局 愛を叫ぶ でした♡